WEBサービスの課金モデルの特徴

分からないサイトのアドレスを識別してくれるWEBサービス 利益率は高いが質を求められるWEBサービスが課金モデルの特徴といえます。このモデルは成功したときに価値があります。サービスの利用料を主な収入源とするのが課金モデルとなっています。このモデルは基本は無料でありながら、オプションで利用料がかかるフリーミアム型も多く存在しています。基本的なサービスや製品は無料で提供し、高度な機能などに対しては料金を課金する仕組みであり、LINEのスタンプや多くのソーシャルゲームのアイテム課金なども、このフリーミアム型に該当します。

WEBサービスの課金モデルの特徴は、ユーザー数やアクティブ率が維持できれば、外部要因に影響をされることが少なく安定があり、収益性が維持できます。広告モデルと比べると比較的に安定性の高いモデルといえます。WEBサービスの課金モデルの特徴には、その反面で利用料を払ってもらうには、コンテンツやサービスなりに、料金を支払う魅力が求められます。便利さに優れていたり、利用することで得する要素や楽しみを得たいと考えさせる内容が提供できる必要性があります。無料があふれているWEBの世界で、有料でも使ってもらうことが課金モデルで収益を得るための課題といえます。